eggsLab アプリで開く

食べ物による熱中症対策のススメ

うだるような暑さのなか、熱中症について耳にしない日はないほどです。
熱中症は、高温多湿などの条件で起こりますが、他にも、虚弱体質、疲労、高血圧といった、普段の健康状態が引き金となることもあります。
健康を維持することは、熱中症の予防・対策をすることと同じです。
そして健康は、日々の十分な食事が土台となります。
そこで、今回は、毎日の食事に取り入れるだけでできる熱中症対策を紹介します。

熱中症の対策にはクエン酸、カリウム、ビタミンBの摂取がおすすめ

熱中症の予防や緩和に効果のある栄養素は、クエン酸、カリウム、ビタミンBの三つです。
 
《クエン酸の効能と食品例》
クエン酸は疲労のもとになる乳酸を抑えてくれる成分であり、疲労回復に効果があります。
夏バテ対策にも効用がある成分です。
クエン酸が多く含まれる食品は、梅干しやレモン、グレープフルーツ、黒酢などがあります。
 
《ビタミンB1の効能と食品例》
ビタミンB1は、体内で不足すると糖質の分解ができません。
すると、疲労物質であるピルビン酸や乳酸がたまり、疲れがたまります。
結果、食欲が落ち、だるさや手足のしびれ、むくみなどの症状が生じ、熱中症のリスクが高まってしまいます。
ビタミンを多く含む食品に、うなぎや豚肉、海苔、グリーンピースなどがあります。
日常の食事にうまく取り入れたいところです。
 
《カリウムの効能と食品例》
熱中症対策でよく聞くのは、「汗をかいたら塩分(ナトリウム)を摂る」ということです。
しかし、塩分だけではなく、熱中症対策として重要なカリウムも同時に失われているのです。
カリウムが失われると、体内では、細胞内の脱水症状が生じます。
細胞内脱水とは、細胞の内部で脱水症状が起きている状態のことで、万が一熱中症にかかってからの臓器の回復に大きな役割を果たします。
日常的にカリウムを摂ることで、熱中症からの回復力を高めておきましょう。
カリウムを多く含む食品は、そら豆、インゲン豆、ほうれん草、パセリ、海苔、干しひじき、サトイモ、落花生、ジャガイモ、バナナなどがあります。
 

[eggsLAB]には医師監修の
女性の為のコラムが満載!

 

食事における熱中症対策のポイント

 
《朝食を抜かない》
先ほどあげた食品を食材に取り入れるのと同時に、朝食を食べるようにしましょう。
朝あわただしいからといって、ヨーグルトやゼリーだけで済ませてしまうと、熱中症のリスクが高まります。
また、朝食にインスタントの味噌汁や梅干しを加えることで、手軽に塩分やクエン酸を摂取できます。
 
《季節の食材や果物を食べる》
旬に取れる食材は、その季節にあった役割を果たします。
夏の果物でいえば、桃とスイカが代表的です。
 
桃やスイカは水分が80~90%も含まれており、カリウムを多く含んでいます。
 
そのため、果物を食べるだけで水分補給とカリウム摂取が可能です。
さらに、一つまみの塩をかけると、ナトリウムもあわせて摂ることができます。
よくスイカに少し塩をかけて食べると甘みが増すといわれていますが、これも汗をかくと塩分が出ていくことを経験として知っていた先人の知恵だともいえますね。
また、夏の飲み物として定番の麦茶も、ミネラルを多く含み、水分補給に適しています。
 

スポーツドリンクや塩タブレットは場合によっては逆効果になることも!

熱中症対策としてスポーツドリンクや塩タブレットが推奨されています。
しかし、スポーツドリンクや塩タブレットは、場合によっては体に悪影響を及ぼすこともあります。
以下では、気をつけたいケースを紹介します。
 
《デスクワークの人》
人は、体を動かさないときでも汗をかきます。
クーラーの効いた屋内でのデスクワークだと、汗をかいても塩分はあまり排泄されません。
ここでスポーツドリンクや塩タブレットを摂取すると、逆に塩分や糖分を過剰摂取してしまうので注意が必要です。
塩分や糖分が気になる人は、麦茶や水を飲むぐらいで十分水分補給ができます。
ただし、コーヒーや緑茶は利尿作用があるので、飲む頻度については注意が必要です。
 
《高血圧や糖尿病の人》
高血圧や糖尿病の人は、炎天下でたくさん汗をかいたとしても、スポーツドリンクや塩タブレットの摂取には注意が必要です。
医者に確認したうえで併用することをおすすめします。
 
今回は、食べ物から予防できる熱中症対策について解説しました。
食事は毎日取るものであり、体を作る基礎となります。
スポーツドリンクや塩タブレットを利用するのも有効な手段だといえますが、何より食事をしっかり摂ることで、熱中症になりにくい栄養素をバランスよく取り入れることができます。
毎日の食事を見直して、熱中症になりにくい体作りを目指しましょう!
 

[eggsLAB]には医師監修の
女性の為のコラムが満載!