eggsLab アプリで開く

気分もリフレッシュ!夏らしいインテリアを楽しもう

ムシムシジメジメ暑い夏は本当に辛いものです。
できれば、少しでも涼しくそして気持ちよく過ごしたいですよね。
そこで今回は、ちょっとしたことなのに気分までリフレッシュできる夏のインテリア術についてご紹介したいと思います。
 

暑い夏はインテリアを変えて気分をリフレッシュ!

 
湿度も気温も高い日本の夏。鬱陶しく感じる人も多いのではないでしょうか。
ハワイのようにカラッとした爽やかな夏が恋しいものです。
そんな憂鬱な日本の夏でも、気分的だけでも爽やかになれるとステキなもの。
それには、インテリアをチェンジすることがおススメです。
気分もリフレッシュできるインテリアなんて、嘘のような話に感じます。
しかし、ちょっとしたポイントに着目するだけなので、とても簡単ですぐに実践できます。
 
アプリ「eggsLAB」では頑張る女性を応援するコラムを毎週配信しております。

eggsLABをチェック!

カラーを意識するだけでイメージチェンジ

 
まずひとつ目は、部屋のカラーの統一です。自動販売機の飲み物は、温かいものは赤字、冷たいものは青字となっています。
これと同じで、インテリアも暑く感じる赤やオレンジなどの暖色系ものから、青・白・水色などの寒色系にチェンジすることが有効です。
例えば、普段使用しているラグマットなどちょっとした雑貨を寒色系に変えてみるだけでもOK。
また、簡単に変えることができない大型の家具の場合は、寒色系のカバーをかけるだけでもインテリアのイメージチェンジが可能です。
 

雑貨をうまく使って爽やかな雰囲気づくり

 
ふたつ目は雑貨の利用です。最近100均などでも多く取り扱っている雑貨。この雑貨を使用します。
例えば貝やマリングッズです。これらの雑貨は、涼しげな海を連想させるので、寒色系のお部屋にもぴったり。
貝があしらわれた写真立てや、マリングッズの代名詞でもある錨のモチーフがついたクッションなど、これがあるだけでとても涼しげになります。

 

植物を加えるだけでインテリアがレベルアップ

 
そして最後は、観葉植物を取り入れることです。
たくさん種類がある観葉植物の中でも、常夏ハワイをイメージさせる「ヤシの木」や「モンステラ」が特におススメです。
観葉植物のお世話が大変という人でも、「ヤシの木」や「モンステラ」は比較的手のかからない種類なので、お世話も楽です。
カラーと雑貨で涼しげだったインテリアも、観葉植物を加えることでインテリアのレベルがアップします。

 

インテリアをチェンジして夏を乗り越えよう!

 
お部屋を、爽やかな夏のイメージにチェンジさせるテクニックは、ちょっとしたポイントを押さえるだけなので誰でも簡単にできます。
また、アレンジ例として、カラーを変えれば、寒い季節に暖かいイメージのお部屋に変化させることも可能です。
今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひあなたも夏らしいお部屋作りチャレンジしてください。
 
アプリ「eggsLAB」では頑張る女性を応援するコラムを毎週配信しております。

eggsLABをチェック!