eggsLab アプリで開く

はたらく女性の常識?!社長秘書が教える、知っておきたいテーブルマナー

取引先からの会食のお誘いや社内の役員の方とのお食事など、きちんとしたマナーが必要な食事の場面がありますよね。

プライベートでは、彼のご両親とのお食事などのシーンで年相応のマナーを知っておけば、緊張も少しは和らぐはずです。

自分がマナーを守るということは「相手に恥をかかせない」ことにつながります。

ちょっとした心がけで気配りのできる美しい女性に見えるポイントをお伝えします。

 

洋食のマナー

 フレンチやイタリアンなどかしこまった会食やちょっと大人なデートなので、普段より高級なレストランに行くときに気を付けたいマナーです。

《レディーファーストです!》

洋食のレストランはお国柄にあわせてレディーファーストが基本です。

女性は男性がエスコートするので、後から入店します。

ウェイターやギャルソンの方が席まで案内してくれるので、勝手に空席に座らないようにしましょう。

高級レストランならではの紳士・淑女のマナーですね。

カトラリーの使い方》

美しくテーブルにセットされたナイフやフォーク。

料理にあわせて端から使うことは有名ですね。

お食事中の場合はお皿に八の字に置き、食べ終わったら端に寄せておきます。

としてしまったカトラリーを自分で拾うのはNG!近くのウェイターさんを呼びましょう(一流のレストランはアイコンタクトで気づいてくれることがほとんどです)。

またカトラリーの先端を相手に向けたり、カンカンとお皿を過度に叩いたりする行為は失礼になりますので注意しましょう。

《コース料理かアラカルトか…》

お仕事での会食でしたら、基本はコース料理がおススメです。

終わる時間の検討がつきますので、相手方も帰りの目途が立ちやすいです。

気の知れた方との会食や行きつけのレストランなどはアラカルトで好きなものを頼むのも楽しいですね。

 

和食のマナー

かしこまった会食では個室の料亭を選ぶことが多いですよね。

ビジネスだけでなく、婚約時の結納や両家顔合わせのときにも気を付けたいマナーです。

 座布団には相手に進められてから座る》

和食の席では、目上の方やお客様に「どうぞ」と言われてから席に座ります。

自分がその席の主賓だった場合は、「どうぞお座りください」とお相手にすすめなければなりません。

室内を歩くときには、敷居や畳のへりを踏まないように気を付けましょう。

敷居にはその家の神様が住んでいるといわれています。

《見直しておきたい、お箸の使い方》

和食の席ではどんなマナーよりお箸の使い方が大切です。

あらためて自分の持ち方を確認しておくといいですね。

お箸の先を相手に向けたり、先端をなめたり、汁物を垂らしながら口に運んだり、相手が不快に思う箸使いには気を付けたいです。

また、器にお箸をおくことは「渡し箸」といってマナー違反です。箸置きを使ってくださいね。

会席料理?懐石料理?》

和食のコースとしてメジャーな会席料理。

お酒を飲みながらお食事を楽しむコースで、前菜や煮物からスタートし、お刺身や焼き物という順番で進み、最後にご飯や汁物でしめられます。

懐石料理とは、本来はお茶の席でのお食事です。

一汁三菜を基本としたコースですが、現在は会席料理とほぼ同じ意味のようです。

 

会食のお席に話題に困ったら?

はじめましてのお客様との会食では、何を話そうか迷ってしまいますね。

そんなときに使える会食のお席ならではの会話のネタを紹介します。

 《お料理の紹介を聞いておこう!》

レストランや料亭ではその時々の旬の食材をつかった、季節のお料理が振る舞われます。

めずらしい野菜、ブランド銘柄のお肉やお魚、手間のかかった調理法などお料理の紹介を丁寧に紹介してくれる場面が多いです。

「このお野菜、はじめて食べました。甘みがあっておいしいですね。」「雑誌で見たことのある○○牛、ここで食べることができるなんて嬉しいです。」など、お料理をもとにお話が広がります。

《美しい器を見てみよう!》

レストランや料亭は料理に合わせてこだわりの器を用意しています。

外国から取り寄せたものだったり、お店のために職人さんにつくってもらったものだったり。

陶器や焼き物に詳しくなくても「このお皿、絵柄が繊細で素敵ですね。」など会話の切り口になります。

 

マナーは安心材料程度に、まずはお食事を楽しんで

マナーの基本は「相手を思いやること」です。

相手に気持ち良くお食事を楽しんでもらうことが一番です。マナーはその一つの手段です。

まずは美味しいお食事を楽しみ、さらにビジネスの上級者としてマナーを意識した凛とした女性を目指しましょう。