eggsLab アプリで開く

腸内環境を整えよう|NG行動や今日からできる改善方法

腸内環境が悪いと、腸のせん動運動が低下して、排便がうまくいかなくなります。

また、いつでもお腹が張った感じがしてお腹が空かなかったり、

肌にも吹き出物やニキビが出たりと、体調にも影響が出てしまいます。

腸内環境を整える方法の一部を紹介していきます。

 
アプリ「eggsLAB」では頑張る女性を応援するコラムを毎週配信しております。

eggsLABをチェック!

 

お腹が空いていないのに、食べていませんか?

 
日頃、毎食の食事をする際に、お腹がぐぅっと鳴ったり、お腹が減った感覚があってから、食事をしていますか?
必要以上の間食をしていませんか?その間食、本当に必要ですか?

例えば、冷蔵庫に食材がぎっしり入っているのを想像してください。よく冷えると思いますか?
答えはノーです。冷蔵庫の稼働がうまくいきませんよね。
冷蔵庫には、すき間がある方が、冷えがうまく行きわたり、全ての食材がよく冷えて美味しいということになります。
腸内環境も同じです。
ストレスで暴食!なんて日もあるとは思いますが、なるべく必要以上の間食は避けるように心がけましょう。
もしも、お腹が空いていないのに、どうしてもお食事を摂らないといけない時は、可能なら、梅、レモン、パイナップルなど、唾液分泌させることのできる食べ消物を先ずはじめに口にすることをお薦めします。
そうすると、唾液を出しながら、咀嚼することが可能ですので、食べ物が消化しやすくなります。
 
アプリ「eggsLAB」では頑張る女性を応援するコラムを毎週配信しております。

eggsLABをチェック!

 

腸内環境を整えるはじめは、消化から!

 
前述しました通り、唾液分泌させることは、消化を助けます。
腸内環境を整えることは、消化ができる腸内環境を作る助けとなります。
環境づくりには食べるものを選ぶことがとても重要ですが、
まずは、消化ができる腸内環境が整っていないといけません。
消化ができる腸内環境を作るということは、つまりはしっかりと出すものは出す、排泄ができているということです。
 
排泄ができやすくするために、食べる順番にも気を配ってみましょう。
消化する力が弱い腸内環境の人が、いきなり、お肉をいただくのはどうでしょうか。
消化ができる状態ではないところに消化が悪い物が急に入ってくるのは、腸に負担がかかってしまいます。
ですから、洋食で言うところの前菜は、腸内環境を整えるためには、とても理にかなっているということなります。
お野菜があれば、先にそれをよく噛み、咀嚼していただくことが大切です。
 
アプリ「eggsLAB」では頑張る女性を応援するコラムを毎週配信しております。

eggsLABをチェック!

 

腸内環境を整える具体的な食べ物はこれ!

 
排泄と消化のできる腸内環境を意識して。継続し続けたら、腸内環境を整える食べ物に意識しましょう!
おすすめは、酵素をたくさん含んだ食べ物です。
酵素を含んだ食べ物は、たくさんあります。
お野菜や果物もそれに当たります。
 
でも、日本人の胃腸に適した最も生きた酵素がたくさん含まれている食べ物とは何でしょうか。
それは、発酵食品です。
お味噌、お漬物、などはよく食卓にも出るのではないでしょうか。
大量生産しているものは、工場で、発酵を止めている可能性がありますので、せっかく摂るのですから、発酵を止めていない良質なものを摂りましょう。

 

最近おなかの調子が悪い、そういえば最近は外食続きでバランスの悪い食事をとりがちかも…
そんな時は是非、今回ご紹介したことを実践してみてはいかがでしょうか。
多忙な現代社会を生きる私たちだからこそ、腸内環境を整えて、より健康的な生活を送りましょう!