eggsLab アプリで開く

【専門医監修】生理の経血量が多い・少ない原因|検査方法や個人差について

 

「生理って何?」という問いに、あなたは正確に答えられますか?
 
排卵が起きたものの受精卵が子宮内膜へと届かなかった場合、受精卵を受けとめるためにふかふかに厚くなった子宮内膜がはがれおちます。
これが生理です。
 
生理は将来、妊娠をするために欠かせない現象です。
その一方で、女性特有の悩みの一つに「生理」を挙げる方も多いのではないでしょうか。
生理痛がひどい、生理周期が不安定…など、抱える悩みは人それぞれですよね。
 
そんな様々なお悩みの中で、今回は生理中の経血の量に差が出る原因や、その対処法を見ていきましょう。

生理の経血量の多い・少ないにまつわる原因は?

生理の経血量が多かったり、反対に少なすぎたりすると、「何かの病気なのでは?」と疑いたくなったりしますよね。
そういった症状の原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。

経血量が多い場合

まず、経血量が多い場合ですが、子宮の大きさが関係している可能性があります。
 
子宮内膜がはがれ落ちたもの、またその際に出る血が生理ですので、子宮が大きいと、その分経血の量も多くなります。
この場合、生まれもったものですから、何か治療をしてどうにかなるものではありません。
 
また、子宮筋腫という子宮の病気。
これも、経血量が多い原因の一つです。
命にかかわるものではありませんが、子宮にまつわる病気では最も多いと言われており、ご自身が気づかない内に発症している可能性も高い病気です。
 
筋腫のある部位や大きさによっては、経血量が多くなり、貧血などの症状が現れることがあります。
不妊症など、妊娠時のトラブルにもつながりますので、経血量があまりにも多いと感じる場合は一度病院で検査を受け、筋腫の有無を確認しておくと安心です。
子宮筋腫についてはこちらもご覧ください!
【専門医監修】子宮の痛みの原因と治療法|子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がん

経血量が少ない場合

一方、経血量が極端に少ないと感じる場合は、無排卵という状況が考えられます。
言葉通り、排卵していない状態なので、正常な生理が起きていない可能性があります。
こちらも不妊の要因となりますので、病院で一度検査をしましょう。

病気の検査で子宮の状態をチェック!

健康を維持するために、病気の早期発見はとても大切なことですよね。
先ほど経血量が多い・少ない場合に考えられる病気として子宮筋腫と無排卵をご紹介しました。
 
では、子宮筋腫と排卵について、どのような検査を行うのでしょうか? 

子宮筋腫の検査

まず、子宮筋腫の検査は、婦人科にて一般的な診察、そして超音波検査で診断できます。
診断後、実際に筋腫が見つかり、しっかり大きさと手術の必要性等を確認するためにはMRIにてより精密な検査を行います。
検査時は、生理時を避けるようにしましょう。

排卵の検査

また、排卵の検査も、婦人科で行うことが出来ます。
血液検査でホルモンの濃度を調べ、超音波検査で卵巣や子宮を確認します。
お近くの婦人科やかかりつけの婦人科がそういった検査をおこなっているかどうか確認して受診しましょう。

経血の量は人それぞれ…気になったら病院へ

自分の経血量を判断するのはなかなか難しいですよね。
 
基準があればわかりやすいのですが、これといった判断基準が無いのが実情です。
例えば、量の多さで言うと量の多い日用のナプキンをつけていても1時間に1回は変えなければならないくらいの量は、多いと言えるでしょう。
 
しかし、これもあくまで目安であり、鼻血が止まりにくい・止まりやすいといった個人差があるように、経血量も人それぞれです。
いつもと違うな、気になるな、と思ったら病院で検査してみましょう。
 
生理の不調が、将来、不妊症や流産を引き起こす原因である場合もあります。
検査の結果、何もなければ安心ですし、自分の体の状態を理解しておくことが、生理の悩みを解決する一歩になるかもしれません。

 

アプリ「eggsLAB」では妊活中の女性に役立つ医師監修コラムを毎週配信しております。
非公開: 妊活・生理予測アプリなら「eggsLAB」