eggsLab アプリで開く

【専門医監修】「気圧」と「ホルモン」は関係なし?|気圧の変化と上手にお付き合い

 

 

天気が悪い日、体調が悪くなる時はありませんか?
今回は、気圧と体調、ホルモンバランスの関係についてのお話です。
 
妊活も、日々の心と体の健康が大切です。
是非あなたの毎日の生活に活かしてくださいね。

 

女性のカラダの悩みを解決!アプリでは最新コラムを毎週更新しています。

詳細はこちら!

 

気圧に関係する不調とは?

天気が悪い日は、空の暗さと共に、様々な不調があらわれがちです。
 
頭痛やめまいなど、からだの不調だけではなく、イライラしてしまったり、何となく気分が落ち込んだりと、心への影響を感じる方も、多いのではないでしょうか。

 

気圧とホルモンバランスの乱れ、関係性は…?

ホルモンは、気圧の変化やストレスによって乱れることがあります。
それは、ホルモンバランスに影響を与える物質が分泌されるためです。
 
バランスを崩すと体や心の不調に繋がります。
確かに理由があって不調が起こっているわけですね。
 
ホルモンのバランスが乱れると、イライラしたり、頭痛が起きやすくなったりします。
また、ホルモンバランスに関係した症状として、生理不順になることがあります。
 
気圧が下がることによってプロラクチンというホルモンが過剰に分泌されるからです。
ただ、もしその頭痛や立ち眩みがあまりにひどいときは、脳貧血の可能性もあります。
一度病院、なかでも神経内科を受診してみても良いかもしれません。

 

気圧の変化による影響、実は多くない…?!

実のところ、気圧の変化によるホルモンバランスの乱れや体調への影響は、医学的に言えば、思っているよりは多くありません。
 
しかし、雨の日に体調がすぐれなかったり、気分が悪くなることは、実感としてありますよね。
どんなに気持ちを上げようと思っても天気が悪いから無理!と思ってしまったり…。
お医者様によると、こういった症状は男女関係なく起こるとのことです。
ただ、女性の方が特に敏感、ということはあるかもしれませんね。

 

そんなときはどうすればいい?心と体を労わる対処法

できれば、気圧などの影響を未然に防ぎたいところですが、自然現象なのでなかなか難しいです。
不調が来そうなときは、仕事もプライベートもいつもより余裕を持つ、というのも一つの手かもしれません。
時間に余裕を持つだけでなく、「今日はいつもよりちょっと手を抜いてみようかな♪」と、頑張りすぎず、少し自分を甘やかしてあげることで、心にも余裕が生まれるかもしれませんね。
 
また、「今日は人に会うだけのパワーがない…」という日は無理をせず、マッサージなどで体のメンテナンスをしたり、読んでみたかった本をゆっくりと読んだりして、いつも頑張っているあなたの体と心を労わってあげましょう。
そうしてリフレッシュすることで、また明日から頑張ろう!と、憂鬱な気持ちをやわらげることに繋がるでしょう。
どうしても憂鬱になりがちなお天気の日も、「今日は自分を甘やかしても良い日」と思うと、少し気分も晴れるかもしれませんね。

 

女性のカラダの悩みを解決!アプリでは最新コラムを毎週更新しています。

詳細はこちら!