eggsLab アプリで開く

【専門医監修】不妊のリスクを知って正しいライフプランを

 

女性のキャリアが多様化してきている現代社会において、高齢妊活、高齢出産を経験される方も増えてきています。
そんな中「不妊」「不妊治療」という言葉もよく見かけるようになってきました。
仕事もプライベートも充実させたい!そんな皆さんにこそ知っておいて欲しい「不妊のリスク」について解説していきます。

不妊とは?

「不妊」とは、夫婦が避妊をせず、健康的な性生活を行っているにもかかわらず1年が過ぎても妊娠しない状態を指します。
一般的に、この不妊のリスクは35歳になると高まると言われています。

 

また、年齢に比例してリスクが高まるのが、生まれてくる赤ちゃんの染色体異常です。
何の問題もなく赤ちゃんが生まれるケースももちろん多いものの、年齢を重ねるごとに、さまざまな問題が起こりやすくなっていくのです。

不妊のリスクは卵子の量と質にあり

35歳から高まる不妊のリスク。
その原因は、卵子と精子にあります。
卵子の数には限りがあり、毎月減少してしまいます。
また、年齢を重ねるごとに、卵子自体が老化していくことも大きな原因となります。

 

一方、精子も同じように老化が進んでいくため、男性側が高齢による不妊の原因ともなり得るのです。
不妊のリスクが高まり、タイミング法のみでの妊娠が難しくなると、人工授精など他の手段も検討しなければなりません。

高齢出産に潜むリスクとは…?

高齢での出産のリスクとしてもっとも知られているのは、赤ちゃんの染色体異常の発生率が高まるということです。
母親だけでなく父親も歳を重ねるごとに、卵子や精子が老化していくことから、ダウン症などの染色体異常の発生率が高くなります。

 

リスクを伴うのは、赤ちゃんだけではありません。
母親が高血圧だったり血管が老化していると、妊娠中の体調不良に繋がり、帝王切開での出産になるという可能性もあります。
また、年齢による筋肉の老化によって、子宮口が開きにくいケースがあり、難産につながりやすいと言えるでしょう。

充実した妊活プランを

女性の社会進出が著しい現代では、初婚年齢が30歳前後まで上がってきており、出産に適していると言われる20代から30代前半での出産が難しいのが現状です。

 

そこで、皆さんに心がけていただきたいことは、いざ「妊娠したい」と思った時にすぐ授かれるよう、普段から自身の健康管理をしておくことです。

 

また、生理不順の人は排卵異常がある可能性が高いので、不妊の判断基準である1年を経過していなくてもすぐ病院で受診し、原因を確認してください。

 

不妊や高齢ということだけでなく、出産における女性の身体のリスクを抑えるためにも、ご自身の希望・キャリア・生活に合った、あなたのための妊活プランを設計してみてくださいね。

 

妊活・排卵管理アプリ「eggsLAB」では基礎体温や生理周期から、独自のロジックで正確な生理・排卵周期をお伝えします。
まだ子供については考えていない、妊活なんてまだまだ先の話…と思っている方も、いざ妊活を始める時のために今から体調管理をしておくことをおすすめします。

eggsLABをチェック